産経ニュース

針の山、血の池、賽の河原…「地獄絵ワンダーランド」 体感する六道輪廻

ライフ ライフ

記事詳細

更新


針の山、血の池、賽の河原…「地獄絵ワンダーランド」 体感する六道輪廻

「六道絵」のうちの「阿鼻地獄」(文政本) 江戸時代 滋賀・聖衆来迎寺蔵(8月6日まで展示) 「六道絵」のうちの「阿鼻地獄」(文政本) 江戸時代 滋賀・聖衆来迎寺蔵(8月6日まで展示)

 釜ゆでにされたり、血の池があったり、恐怖に身震いする場面の数々。仏教美術に見られる地獄絵を集めた「地獄絵ワンダーランド」展が、東京・日本橋の三井記念美術館で開かれている。酷暑の夏、美術館の地獄めぐりでゾクッとするのもいい。(渋沢和彦)

 一面に業火が燃えさかる灼熱(しゃくねつ)の世界。そこには舌を引っ張られ、釘で打ち付けられる死者の姿も。門外には死者をのせた火車が走る。冷徹なまでの生々しい描写は、江戸時代に描かれた「六道(ろくどう)絵」(文政本)の「阿鼻地獄」の場面。

 仏教が説く六道とは、迷いあるものが輪廻(りんね)し続ける6つの世界-地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天上-のこと。地獄は、最も苦しみの激しい世界で、地獄絵の多くは、六道絵の一つとして平安時代以降、盛んに描かれてきた。

 人は死後、冥界の裁判官である10人の王(十王)の裁きを受け、生前の罪業の重さに応じて転生先が決められるという。よく知られる冥界の主とされる閻魔大王も十王のひとり。鎌倉時代の「閻魔天曼荼羅」(重要文化財)は、風格ある閻魔王の姿が重厚に描写されている。彫刻「木造 閻魔王坐像」(鎌倉時代)は、大きな目を見開き迫力ある怒りの形相が見る者を威嚇する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 針の山、血の池、賽の河原…「地獄絵ワンダーランド」 体感する六道輪廻

「ライフ」のランキング