産経ニュース

【鉄をはぐくむ 出雲國たたら風土記(上)】日本刀支える極上「玉鋼」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【鉄をはぐくむ 出雲國たたら風土記(上)】
日本刀支える極上「玉鋼」

日刀保たたらの、今冬の操業風景=島根県奥出雲町大呂 日刀保たたらの、今冬の操業風景=島根県奥出雲町大呂

 高殿を中心として、鉄作りに携わる集団が暮らす集落は「山内」と呼ばれ、菅谷高殿の一帯は「菅谷たたら山内」として国重要有形民俗文化財に指定。菅谷高殿は、一般公開されている。

 「高殿の来訪者は近年、3~4倍に増えた」と話すのは山内を管理する「鉄の歴史村地域振興事業団」の朝日光男さん(71)。「とくに外国人の姿が目立つ。世界中からここに来てくれるのは、生まれ育った者としてこんな幸せなことはない」と笑顔で観光客を迎え入れ、たたらの歴史やモノづくりの魅力を語り続けている。(松江支局 小林宏之 写真も)

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

このニュースの写真

  • 日本刀支える極上「玉鋼」

「ライフ」のランキング