産経ニュース

【鉄をはぐくむ 出雲國たたら風土記(上)】日本刀支える極上「玉鋼」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【鉄をはぐくむ 出雲國たたら風土記(上)】
日本刀支える極上「玉鋼」

日刀保たたらの、今冬の操業風景=島根県奥出雲町大呂 日刀保たたらの、今冬の操業風景=島根県奥出雲町大呂

 雪深い1月下旬の島根県奥出雲町。「高殿」と呼ばれる建物の中では、炎が轟々(ごうごう)と燃えさかる炉に職人たちが向かい、砂鉄と木炭を交互に3昼夜くべ続ける。この作業が2月上旬まで3回繰り返され、日本刀の原料となる極上の和鉄「玉鋼」が作り出される。

 このような製鉄法は「たたら吹き」と呼ばれ、千年以上の歴史を持つ日本古来の技術とされるが、炉を高殿で囲うようになったのは近世に入ってから。良質の砂鉄や森林資源に恵まれていた奥出雲地方は、全国屈指の鉄の産地として君臨した。

 しかし明治以降、たたら吹きは西洋から導入された製鉄技術に押されて衰退。昭和の一時期に軍刀需要で復活したものの戦後に途絶え、玉鋼も底をついた。このため、たたら吹きや日本刀の伝統文化を継承する必要から、「日本美術刀剣保存協会」が日立金属などの協力を得て昭和52年、同町にたたらを復活させた。現在、「日刀保たたら」として全国で唯一、たたら吹きを守り続けている。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

このニュースの写真

  • 日本刀支える極上「玉鋼」

「ライフ」のランキング