産経ニュース

【科学】日欧水星探査機、来年10月に打ち上げ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【科学】
日欧水星探査機、来年10月に打ち上げ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と欧州宇宙機関(ESA)は、共同で行う水星探査計画「ベピコロンボ」の探査機を来年10月に打ち上げると発表した。昨年夏の予定だったが延期されていた。

 欧州のロケットで日欧の探査機2基を同時に打ち上げる。2025年12月に水星に到着予定で、別々の軌道を周回して探査する。水星は米国が11年から4年間探査したが、広範囲の高精度観測はできなかった。今回は史上最も詳細な探査になる。

 日本は探査機「MMO」で磁場などを観測し、水星の内部構造や希薄な大気が存在する仕組みの解明に挑む。欧州の探査機は水星の表面を調べる。

 欧州での準備作業中に、探査機につなぐ装置でショートが発生し、原因究明や組み立て直しのため打ち上げが遅れた。これまでもロケットの変更、欧州探査機の断熱材の性能不足などで延期されてきた。

 JAXAの小川博之教授は「遅れたことで余計に気合が入った。着実に計画を進めたい」としている。

「ライフ」のランキング