産経ニュース

【聞きたい。】詩人・金子みすゞは本当に“聖女”だったのか? 取材と精読で“聖女伝説”覆す 松本侑子さん 『みすゞと雅輔』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
詩人・金子みすゞは本当に“聖女”だったのか? 取材と精読で“聖女伝説”覆す 松本侑子さん 『みすゞと雅輔』

松本侑子さん 松本侑子さん

 「切れば血の出るような生身の人間として描いてみたい。そう思って取材を始めました」

 昭和5年、26歳で自死した詩人・金子みすゞは“聖女”のように語られてきた。みすゞの詩を愛しながらも通説に違和感を覚えた松本さんは、4年前から親族や関係者を訪ね始めた。その翌年、みすゞの実弟でよき理解者であった上山雅輔(がすけ)の70年分の日記と回想録が発見された。雅輔は古川ロッパ一座の脚本家で、戦後は劇団若草を創設した。

 日記と回想録、さらに雅輔がみすゞに宛てた71通の手紙を徹底的に読み込み、同時代の詩人や批評家がどう評価していたかを知るため、みすゞが投稿した雑誌「童話」の全号を精読した。労をいとわぬ取材と資料の読み込みで浮かび上がったのは、大正デモクラシーという思潮の中で、上昇志向を持ち情熱的に詩作と投稿を続けた姿だった。

 「彼女は、控えめで、望まぬ結婚をさせられた、といった通説に収まるような人間ではありません。雑誌には7年間で90作が掲載されていますから、100回以上は投稿していたはず。傑作もあれば駄作もあり、選者の西条八十は『着想は素晴らしいが、詩歌文学としての言葉遣いがなっていない』と評しています」

続きを読む

このニュースの写真

  • 詩人・金子みすゞは本当に“聖女”だったのか? 取材と精読で“聖女伝説”覆す 松本侑子さん 『みすゞと雅輔』

「ライフ」のランキング