産経ニュース

【書評】書評家・西野智紀が読む『海岸の女たち』トーヴェ・アルステルダール著、久山葉子訳 異邦の地で闇を暴く

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
書評家・西野智紀が読む『海岸の女たち』トーヴェ・アルステルダール著、久山葉子訳 異邦の地で闇を暴く

『海岸の女たち』トーヴェ・アルステルダール著、久山葉子訳(創元推理文庫・1380円+税) 『海岸の女たち』トーヴェ・アルステルダール著、久山葉子訳(創元推理文庫・1380円+税)

 夫の跡をなぞるようにして、事件に深入りするアリーナ。特筆すべきは、この移民問題を、彼女自身が乗り越えるべき障害として物語に溶け込ませている点である。つまり、夫の捜索という本筋から一切ぶれないのだ。だから、問題が孕(はら)む深刻性も、異邦の地でひとり必死に夫を探す彼女の姿も生々しく、より真に迫るものとなっている。

 しかし、そうした緊迫感にばかり意識が傾いていると、思わぬツイストや転調に横っ面を張られるので油断できない。読む者を飽きさせない工夫を精緻にちりばめた秀作ミステリーである。(創元推理文庫・1380円+税)

「ライフ」のランキング