産経ニュース

【マキャベリ流-是非に及ばず】NOBUNAGA(32)運命の女神が敵を授けなければ、奸計を用いてもつくりだせ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【マキャベリ流-是非に及ばず】
NOBUNAGA(32)運命の女神が敵を授けなければ、奸計を用いてもつくりだせ

ひげのない織田信長肖像画(部分)。描かれたのは信長在世時前後とみられるが、江戸時代の加筆の跡があるという(大本山本能寺所蔵) ひげのない織田信長肖像画(部分)。描かれたのは信長在世時前後とみられるが、江戸時代の加筆の跡があるという(大本山本能寺所蔵)

 信長は浅井長政や荒木村重、松永久秀(弾正)といった家臣たちによる裏切りを知らされてもはじめは信じなかったり、驚いたりする。つまり信長は人を-一度裏切ったものすら-信頼することができる人物だということだ。お師匠様のいう「善良さ」とはこのことなのだろう。

 「お前にしては上出来じゃないか」。いやな冷笑を浮かべながらお師匠様が三たび、登場してきた。

 「だがな、問題はその信長の信頼や“家臣愛”が相手に通じていたかどうか、だ」(編集委員 関厚夫)

                   

 ※1 中央公論社『世界の名著21 マキアヴェリ』

 ※2、3 筑摩書房『マキァヴェッリ全集3』 一部編集

「ライフ」のランキング