産経ニュース

【マキャベリ流-是非に及ばず】NOBUNAGA(32)運命の女神が敵を授けなければ、奸計を用いてもつくりだせ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【マキャベリ流-是非に及ばず】
NOBUNAGA(32)運命の女神が敵を授けなければ、奸計を用いてもつくりだせ

ひげのない織田信長肖像画(部分)。描かれたのは信長在世時前後とみられるが、江戸時代の加筆の跡があるという(大本山本能寺所蔵) ひげのない織田信長肖像画(部分)。描かれたのは信長在世時前後とみられるが、江戸時代の加筆の跡があるという(大本山本能寺所蔵)

 《君主が自分たちに降りかかってくる苦難や反対を乗りこえると、大君主になることは疑いない。(中略)だからこそ、多くの人の意見によると、聡(明そうめい)な君主は、機会をつかめば、奸計(かんけい)を用いてでも敵対関係をわざとつくりだし、これを克服することによって、さらに勢力を拡大するようにしなければならないのである》(※1)

 お師匠(マキャベリ)様(さん)の『君主論』の一節だ。例の…いやいや、あえて何国(どこ)のだれとは名指しはしないが、「君主」を「トップ」に置き換えれば古今東西を問わぬ真理であろう。

 が、信長にあてはまるかどうか。奸計を駆使したこともあっただろうが、それ以上に「苦難」の方からわさわさと押し寄せてきたとの観がある-などとつづっていると…。

 「お前が『中略』と手を抜いたなかに、おれさまは『それゆえ、運命の女神は、新君主を大物にしようと思うとき、世襲の君主とはちがい、どうしても評判をあげなければならない新君主に、わざわざ敵をこしらえ、戦いをするように強いるのである』と書いているだろう、まさに信長の野郎のことじゃないか!」

 いやいやお師匠様、ご立腹はごもっとも。しかしながらふびんな弟子にもう少し話を続けさせてください。前回の最後におっしゃってたように、ここしばらくのテーマは『裏切られ信長』。運命の女神の仕業とやらで、信長を次々と見舞う「苦難」についてなのですから…。

                   

続きを読む

「ライフ」のランキング