産経ニュース

【ネットの話題】なくならないツイッターのなりすまし投稿 小林麻央さん訃報でも悪意の拡散 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ネットの話題】
なくならないツイッターのなりすまし投稿 小林麻央さん訃報でも悪意の拡散 

唐澤貴洋弁護士になりすましたツイッターの投稿。現在は閲覧できなくなっている=ツイッターより 唐澤貴洋弁護士になりすましたツイッターの投稿。現在は閲覧できなくなっている=ツイッターより

対策難しく…相次ぐ被害

 ツイッター社はツイッタールールと名付けた自社規定で「誤解を招くような形で他者を名乗るアカウント(サービスに入る権利)は、なりすましとみなされ、禁止されている」としている。

 ただし、名前が同じだけ、類似の画像を使用しているだけで悪意が認められない場合、同社はそのアカウントを削除しない。また、パロディーを目的としたアカウントの作成ならば認めている。

 ある業界関係者は「下手に規制を厳しくすると、表現の自由を侵害していると批判されかねず、(削除などの対策は)慎重にならざるを得ない」と打ち明ける。

 なりすましの被害は後を絶たない。ネット上の問題に詳しい神戸大大学院の森井昌克教授(情報通信工学)は、「厳しく身分を証明することなしに誰でもアカウントを作成できる状況で、なりすましを完全に防止することは難しい」と指摘する。

 なりすましアカウントを見分けるためには、「そのアカウントの他の投稿の内容も確認し、本人のキャラクターと整合性が取れているかを確認するのが重要」と話す。

 2014年5月には、AKB48握手会襲撃事件後、負傷したメンバーの入山杏奈さん(21)になりすましたアカウントが、「まだ人の事を信用する事が出来ません」などと投稿。本人と誤認した複数のメディアが、この内容を報じたため、所属事務所が「本人はツイッターをやっていません」と説明する羽目になった。

 昨年4月の熊本地震では「動物園のライオンが逃げ出した」と、被災者からの情報を装ったデマがツイッターに出回り、多くの人がだまされた。デマを流した男はその後、偽計業務妨害の疑いで逮捕された。

続きを読む

このニュースの写真

  • なくならないツイッターのなりすまし投稿 小林麻央さん訃報でも悪意の拡散 

「ライフ」のランキング