産経ニュース

【いまどきアート】「グルメ」も味わおう 夏の芸術祭を倍楽しむ方法

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【いまどきアート】
「グルメ」も味わおう 夏の芸術祭を倍楽しむ方法

YAMANBAガールズによる郷土料理「おこひるの記憶」(内容に変更あり)photo:Tsuyoshi Hongo  YAMANBAガールズによる郷土料理「おこひるの記憶」(内容に変更あり)photo:Tsuyoshi Hongo 

大町市はダムカレーも見逃せない

 大町市内にはおいしいそばやおやき、ジビエを出す店がある。また黒部ダム(富山県)に近いことから、各店はご当地カレーの「黒部ダムカレー」を競い合っている。

 例えば老舗の「くろよんロイヤルホテル」のレストランにはランチメニューに「黒部ダムカレー」。丸くカーブしたごはんの堤防は地元産紫米(古代米)と長野県コシヒカリのブレンド。リンゴジュースやアンズジャムを加えたルーはフルーティーだ。「黒部の太陽」をイメージしたポーチドエッグ、ダム湖上遊覧船「ガルベ」に見立てたポークカツも楽しい。

横浜 アーティストらお気に入りの店はここ

 港町・横浜の複数の施設を舞台に開かれる国際芸術祭「ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス」は8月4日に開幕する(11月5日まで)。急速なグローバル化とともに紛争や難民・移民問題、ポピュリズムの台頭などが顕在化する中、「接続」と「孤立」をテーマにアートを通して世界情勢を考える“硬派”な芸術祭だ。とはいえ、腹が減ってはなんとやら。

 歴史を伝える老舗や名店も多い横浜だが、目下準備に大忙しの横浜美術館のスタッフに、滞在制作などで横浜入りしているアーティストらのお気に入りのお店をこっそりと教えてもらった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「グルメ」も味わおう 夏の芸術祭を倍楽しむ方法
  • 「グルメ」も味わおう 夏の芸術祭を倍楽しむ方法
  • 「グルメ」も味わおう 夏の芸術祭を倍楽しむ方法
  • 「グルメ」も味わおう 夏の芸術祭を倍楽しむ方法

「ライフ」のランキング