産経ニュース

【告知】日本一の星空を訪ねる旅

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【告知】
日本一の星空を訪ねる旅

天の川が見える阿智村の星空=6月中旬、長野県阿智村(宮崎瑞穂撮影、ソフトフィルター使用、30秒間露光) 天の川が見える阿智村の星空=6月中旬、長野県阿智村(宮崎瑞穂撮影、ソフトフィルター使用、30秒間露光)

 新聞社で活躍する現役報道カメラマンと一緒に撮影旅行に出かけるツアー。ありそうでなかった旅行が実はあります。

 産経新聞社は、日曜版の人気コーナー「写View」に掲載された絶景を撮影する「日本一の星空を訪ねる旅」(8月21日出発、1泊2日)を企画しました。以前から不定期で実施していた写真報道局のカメラマンが撮影を指導する「産経フォトウオーク」の特別版「産経フォトウオークプレミアム」として開催する旅行です。

 第1回となる今回は、今年4月9日付で掲載された日本で最も星が輝いてみえる長野県阿智村の「日本一の星空」のほか、日本のチロルと呼ばれている絶景「下栗の里」、日本画の東山魁夷の作品のモチーフとして有名な「御射鹿池」など、南信州の各スポットを講師の写真報道局、薩摩嘉克局次長と紙面の撮影を担当した宮崎瑞穂記者とともに訪れ、ベストショットを目指します。

 星空をうまく撮影することは、アマチュアカメラマンにとっては非常に難しいといわれていますが、プロのカメラマンの技術を学べば、きっとすてきな1枚が撮れるはず。

 薩摩、宮崎両カメラマンはこのツアーのために、すでに阿智村での下見を済ませ、参加者のみなさんが撮影しやすい穴場スポットを見つけてきました。満足度100%以上を目指したツアーなので、カメラ初心者の方から上級者の方までふるってご参加ください。

 旅行代金は4万9800円(4食付き、税込み)。問い合わせは、サンケイツアーズ(電)03・5283・8250(平日午前9時半~午後5時半、土曜は午後3時まで)。

「ライフ」のランキング