産経ニュース

【ゆうゆうLife・がんゲノム医療の試金石 最善の選択肢を求めて(上)】遺伝カウンセリング整備が急務

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife・がんゲノム医療の試金石 最善の選択肢を求めて(上)】
遺伝カウンセリング整備が急務

教育セミナーに参加した医師らは2~3人ずつのグループに分かれて、患者に遺伝カウンセリングを行う実践的な訓練を行った=東京都品川区の昭和大学(佐藤好美撮影) 教育セミナーに参加した医師らは2~3人ずつのグループに分かれて、患者に遺伝カウンセリングを行う実践的な訓練を行った=東京都品川区の昭和大学(佐藤好美撮影)

 診療実績の豊富な「がん研究会有明病院(山口俊晴病院長)」。同院でHBOCの遺伝カウンセリングを受ける人は1年間に新たに120人前後。PARP阻害剤が使われ始めれば、患者数は1.5倍に増えると予想されている。

 遺伝子診療部の新井正美部長は「PARP阻害剤が保険適用になれば待ったなし。全国でBRCA遺伝子検査を実施できる体制が必要になる。診療の地域格差を解消し、遺伝カウンセリングができないなら、他の医療機関と連携して実施できる体制が必要だ」とする。

 日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構は秋以降、基幹施設として(1)HBOCの遺伝カウンセリング(2)乳がんや卵巣がんの精密な検診-などができる医療機関を認定する方針。同時に、「連携施設」や「協力施設」も認定し、医療機関が連携して治療できる体制の構築を急ぐ。

                   

【用語解説】遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)

 遺伝子を修復する「BRCA1」「BRCA2」と呼ばれる遺伝子に生まれつき変異があることで起きる。一般の人に比べて、乳がんに6~12倍かかりやすく、卵巣がんに8~60倍かかりやすい。乳がん患者の3~5%、卵巣がん患者の10%を占める。

このニュースの写真

  • 遺伝カウンセリング整備が急務

「ライフ」のランキング