産経ニュース

【ゆうゆうLife・がんゲノム医療の試金石 最善の選択肢を求めて(上)】遺伝カウンセリング整備が急務

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife・がんゲノム医療の試金石 最善の選択肢を求めて(上)】
遺伝カウンセリング整備が急務

教育セミナーに参加した医師らは2~3人ずつのグループに分かれて、患者に遺伝カウンセリングを行う実践的な訓練を行った=東京都品川区の昭和大学(佐藤好美撮影) 教育セミナーに参加した医師らは2~3人ずつのグループに分かれて、患者に遺伝カウンセリングを行う実践的な訓練を行った=東京都品川区の昭和大学(佐藤好美撮影)

 血縁者への配慮

 難しいのは、患者本人だけでなく、未発症の血縁者への配慮も必要になることだ。四国がんセンター(谷水正人院長)の大住省三がん診断・治療開発部長は「BRCA遺伝子変異の有無をみる検査が、患者に新薬を使えるかどうかを見るためだけの検査として使われ、その血縁者が放置されてしまうことは避けなければならない」とする。

 未発症の段階で「HBOCかもしれない」と分かれば、遺伝カウンセリングを受け、検査を受けるかどうかを判断し、変異があれば、一般の人よりも精密な検診を継続的に受けて早期発見を目指すこともできる。年齢や出産などの状況次第で、本人が望むなら、卵管卵巣切除や乳房切除といった予防的な外科的治療を医師と検討することもできる。「(BRCA遺伝子変異の有無をみる検査は)本来、そういうリスク低減を考えるための検査だ」と大住部長は説明する。

 WHO(世界保健機関)はガイドラインで、遺伝子変異のある当事者が血縁者にも結果を知らせ、検査を受けるかどうかを選ぶ機会を提供することが道徳的義務だとする。

 だが、自分の病気で手いっぱいの患者が、血縁者にナイーブな情報を伝えられるのか。どんな支援があれば可能なのか。現場は手探りだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 遺伝カウンセリング整備が急務

「ライフ」のランキング