産経ニュース

「新聞記者」が主人公の小説が熱い! 探偵役に適任/激変の業界描く

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「新聞記者」が主人公の小説が熱い! 探偵役に適任/激変の業界描く

新聞記者を主人公にした小説と、その作者。左から堂場瞬一さん、本城雅人さん、塩田武士さん 新聞記者を主人公にした小説と、その作者。左から堂場瞬一さん、本城雅人さん、塩田武士さん

 新聞記者を主人公にした小説が脚光を浴びている。元記者の作家が経験を生かしていることに加え、物語を進める探偵役として記者が適任という、執筆上の都合もある。日航機墜落事故を取材する新聞記者たちの奮闘を描いた『クライマーズ・ハイ』で知られる横山秀夫さん(60)に続く「記者小説」の担い手は誰か。

 山田風太郎賞を昨年受賞し、今年の本屋大賞でも3位に入った塩田武士さん(38)の『罪の声』は、事件取材が苦手だった文化部記者が30年以上前の未解決事件に挑む。グリコ森永事件を下敷きに、ドキュメンタリータッチで描く構成が話題となり、累計16万部と好評だ。

 塩田さんは元神戸新聞記者。「事件取材に向いておらず、記者時代はずっともがいていたが、辞めた今は、調べる喜びと書く喜びの両方感じている」。そんな自身の変化が、等身大の記者像に結実した。担当編集者は「新聞社の苦境が伝えられる中、遠い存在だった記者が、より身近に感じられるようになったのではないか」と推測する。

 『ミッドナイト・ジャーナル』で4月に吉川英治文学新人賞を受けた本城雅人さん(52)も産経新聞とサンケイスポーツの記者を経て作家になった。誘拐事件での誤報の責任を取り地方を転々としていた記者が、7年越しで事件に迫る物語だ。

 元読売新聞記者で、警察小説に定評のある堂場瞬一さん(54)によれば、警察官を主人公にすると、部署や担当地域の壁があり、作中で自由に動かしにくいという。「その点、記者は何にでも首を突っ込んでいいことになっていて、探偵役として非常に使いやすい」

続きを読む

「ライフ」のランキング