産経ニュース

36・5度!猛暑トップは群馬・館林と岐阜・多治見…うだる列島、570地点で真夏日

ライフ ライフ

記事詳細

更新


36・5度!猛暑トップは群馬・館林と岐阜・多治見…うだる列島、570地点で真夏日

猛暑の中、行われた高校野球岩手県予選=8日(井上幸治撮影) 猛暑の中、行われた高校野球岩手県予選=8日(井上幸治撮影)

 日本列島は8日、広範囲で高気圧に覆われ各地で気温が上昇した。最も暑かった群馬県館林市と岐阜県多治見市で36・5度を記録するなど、全国25地点で最高気温が35度以上の猛暑日となった。30度以上の真夏日の地点も570カ所を超えた。

 気象庁によると、特に北海道から東海地方で気温が上がり、愛知県豊田市で35・9度、福島県伊達市で35・8度となった。北海道でも帯広市や池田町で35・5度まで上昇し、今年最高となった。

 さいたま市大宮区であった全国高校野球選手権埼玉大会の開会式では高校生ら13人が熱中症とみられる症状を訴え、うち1人が救急搬送された。

 気象庁は9日も全国的に気温が高くなる見込みとして、水分をこまめに取るなど熱中症に注意するよう呼び掛けている。

「ライフ」のランキング