産経ニュース

4千万円の持ち主は故人 筆跡が酷似 自宅取り壊しで誤って廃棄

ライフ ライフ

記事詳細

更新


4千万円の持ち主は故人 筆跡が酷似 自宅取り壊しで誤って廃棄

 群馬県沼田市の廃棄物収集運搬会社の敷地内で4月、がれきの中から現金4251万円が見つかり、同県内の故人の男性が持ち主と判明、遺族に返還されたことが4日、沼田署への取材で分かった。

 署によると、現金は男性の死亡後取り壊された自宅のがれきと一緒に誤って廃棄されたという。

 前橋市に住む遺族の男性(51)が、5月2日に署に相談。署で調べたところ、故人の男性が現金の帯封に記された日付と同じ日に多額の現金を引き出しており、現金が入っていた紙箱に書かれていた文字と、この男性の筆跡が酷似していたことなどから持ち主と判断、6月30日に返還した。

 現金は4月4日に廃棄物収集運搬会社の社員が収集物の分別中に発見し、上司が通報していた。

「ライフ」のランキング