産経ニュース

【教育動向】「グローバル人材」って…どんな人?

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
「グローバル人材」って…どんな人?

国境を越えて商品や人の移動が盛んになるなか、「グローバル人材」を育成する必要性が叫ばれています。

しかし、そもそもグローバル人材とはどういうものなのか、具体的なイメージが湧かないことも多いのではないでしょうか。グローバル化社会の第一線で活躍する人たちの話に耳を傾けてみましょう。

「インターナショナル」にとどまらない!?

6月1~3日に東京・有明で行われた教育関係者向けイベント「New Education Expo」(NEE) では、最新機器の展示の他、多様なセミナーが開催され、その模様は札幌・旭川・仙台・名古屋・広島・福岡・宮崎の各市にサテライト中継されました。その一つ「グローバル人材を考える~これからの国際社会で必要とされる能力とは?~」での発表が参考になります。

グーグル米国本社の副社長などを務めた村上憲郎氏(村上憲郎事務所代表)は、グローバリゼーションを「社会経済現象が、国家や地域などの境界を越えて地球規模化すること」と定義したうえで、それには(1)インターナショナル(2)マルチナショナル(3)トランスナショナル……の3段階があると指摘しました。

「インター」は、本国にとどまりながら、必要に応じて国境を越える活動を行う段階です。必要に応じて、いつでも出張に行ける準備が求められます。これに対して「マルチ」は、本国の指揮下で、複数の国に拠点を持つ段階です。たとえば「来月からジャカルタ支社に行ってくれ」と言われれば、平然と就労ビザを取得し、海外拠点で働けなければなりません。それが「トランス」段階になれば、既に「本国」がなくなり、あたかも地球が一つの国であるかのように、最も効率的な地域に拠点を置き、他の地域向けの事業も展開します。トランスナショナル人材には、人生の段階ごとに、複数の国に滞在することが当然になります。

いずれにしても、世界の公用語としての英語を身に付けることは必須ですが、仕事のためばかりではありません。ボランティアなど「何をやるにも英語が必須となる」と、村上氏は指摘しました。

続きを読む

「ライフ」のランキング