産経ニュース

【書評倶楽部】落語家・桂文珍 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』 ドラマから小説の楽しみ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評倶楽部】
落語家・桂文珍 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』 ドラマから小説の楽しみ

落語家の桂文珍師匠=東京・浅草(小松洋撮影) 落語家の桂文珍師匠=東京・浅草(小松洋撮影)

 電車に乗っている人の大半がスマホをいじっていますが、電車で読むなら文庫本。スマホより面白くて楽しく、一気読み必至の文庫本をご紹介しますよぉ。

 フジテレビ系で先頃まで放送されていた連続ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の小説です。ドラマはチャラチャラしてなくてよかったですね。人気者の小栗旬、西島秀俊、仲間由紀恵さんのご亭主、田中哲司、そして野間口徹、新木優子…。役者さんたちが、スタントマンに頼らず、本気でアクションに挑んでいた。相当のトレーニングを積まないと、あれは演(や)れないですよ。

 単なるアクションものでなく、扱うテーマも骨太。国会で「テロ等準備罪」がどうなる? と騒がれたなか、公安機動捜査隊特捜班が大活躍し、毎回ハッピーエンドで終わらないのも話題でした。

 小説は、ドラマとは異なるオリジナルストーリー。横浜の39階建てホテルが武装集団に占拠される。宿泊客550人が人質にとられるという非常事態。この事件を秘密裏に解決せよというのが特捜班の任務なのですが、なぜ秘密裏に、なのか、そこがまたウラがあって面白い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 落語家・桂文珍 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』 ドラマから小説の楽しみ

「ライフ」のランキング