産経ニュース

保育士の精神ケア必要3割 6割で支援体制整わず 厚労省、全国施設調査

ライフ ライフ

記事詳細

更新


保育士の精神ケア必要3割 6割で支援体制整わず 厚労省、全国施設調査

 待機児童解消に向け保育士の確保が課題となる中、全国の保育所や認定こども園のうち、精神的ケアが必要な保育士がいる施設が27%に上ることが25日、厚生労働省研究班の調査で分かった。全体の58%で相談窓口やストレスチェックなどのサポート体制が整っておらず、公立施設に比べ民間で対応の遅れが目立った。

 政府は「平成32年度末までに待機児童ゼロ」との新たな目標を掲げ、保育の受け皿を大幅に拡充する方針。保育士は小さな子供の安全を守る心理的重圧や、保護者を含む人間関係での悩みを抱えやすく、賃金などの待遇改善とともに心のケアが急務だ。

 調査は今年2~3月に実施。全国の保育所(認可外を含む)や認定こども園など約1万の施設を無作為抽出し、2672施設から回答を得た。

 施設責任者への質問で「精神的、心理的負担のサポートが必要と感じたり、実際に治療を受けたりした保育士がいる」と答えたのは719施設(27%)だった。

「ライフ」のランキング