産経ニュース

28連勝“藤井効果”で高まる将棋熱 教室への問い合わせ増、幼児向け「どうぶつしょうぎ」も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


28連勝“藤井効果”で高まる将棋熱 教室への問い合わせ増、幼児向け「どうぶつしょうぎ」も

「どうぶつしょうぎ」で幼児同士が対局。こんな風景が増えてきた=習志野市津田沼の所司一門将棋センター(橘川玲奈撮影) 「どうぶつしょうぎ」で幼児同士が対局。こんな風景が増えてきた=習志野市津田沼の所司一門将棋センター(橘川玲奈撮影)

 きょう21日、将棋の公式戦最多連勝記録タイの「28」を達成した最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)。28連勝の“快進撃効果”か、千葉県内でも子供の将棋人口がじわりと増え始めた。各地の将棋教室には入会問い合わせが頻繁にあるといい、藤井四段の28連勝達成で、将棋人気は一層熱を帯びるかもしれない。(橘川玲奈、長谷裕太)

 京成線京成津田沼駅前にある所司一門将棋センター(習志野市)のこども将棋教室では初心者向けに「わかばクラス」を開講する。取材に訪れると、5~10歳の子供7人が真剣な表情で盤面を見つめていた。指導するのは大庭美夏女流初段(47)。対局者同士の挨拶の仕方から始まり、正規のものよりマス目が少ない縦5×横5の盤を使って駒の動かし方や詰め将棋の基本を学んでいた。

 幼児向けの簡易版将棋「どうぶつしょうぎ」を大庭さんに教えてもらい、記者は将棋歴3カ月の小学1年、井上智詠(ともなが)さん(6)と対戦してみた。

 序盤から井上さんの駒を次々に取り、大人げなく?も「順調な攻め」と内心ほくそ笑んでいた。だが、アレレ…。いつの間にかどうやっても「玉」に相当するライオンが逃げられない局面に。侮れない。「参りました」と投了する羽目になった。

 父親の雅仁さん(45)の誘いで将棋を始めた井上さん。藤井四段の影響なのか、雅仁さんに聞くと「棋士の名前より、ゲーム感覚で楽しんでいるのでは」と苦笑い。家でも毎日、将棋を指すそうだ。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング