産経ニュース

【信州ワイド】高熱の難所…先人の偉業体感 「黒部ルート」を行く 見学会は倍率10倍も

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【信州ワイド】
高熱の難所…先人の偉業体感 「黒部ルート」を行く 見学会は倍率10倍も

今でも40度程度の熱を発する「高熱隧道」の壁は、硫黄成分が付着して白くなっていた=1日、富山県 今でも40度程度の熱を発する「高熱隧道」の壁は、硫黄成分が付着して白くなっていた=1日、富山県

 30分ほどで終点に着くと、同じく14年から使われているエレベーターで標高差200メートルを一気に下る。降下地点から別のトロッコに揺られると、黒部峡谷鉄道の欅平駅に至る。

 ◆1千万人の汗と涙

 この日、案内してくれた黒部峡谷鉄道(黒部市)の元野徳治さんは「先人たちの偉業に思いをはせてほしい」と話していた。

 戦後日本を電力不足から救い、先進国に成長するきっかけとなった黒部ダムの電源開発。現代に続く安定した人々の暮らしが、延べ1千万人の工事従事者の汗と涙、171人の犠牲の上に成り立っていることを忘れてはならない。

                   

【黒部ルート見学会】 毎年6~11月に計34回の一般向け見学会が開催されている。定員は各回30人。小学5年生以上が対象。参加無料。昨年度の倍率は1.2~12.9倍。各回ごとに応募締め切り日が設定されている。コースは片道で、黒部ダムか、欅平から出発するコースのいずれかを選ぶ。問い合わせは、黒部ルート見学公募委員会事務局(電)076・442・8263。

このニュースの写真

  • 高熱の難所…先人の偉業体感 「黒部ルート」を行く 見学会は倍率10倍も
  • 高熱の難所…先人の偉業体感 「黒部ルート」を行く 見学会は倍率10倍も

「ライフ」のランキング