産経ニュース

埼玉の私立高サッカー部、外部コーチによる体罰は計10人 監督目撃も報告せず

ライフ ライフ

記事詳細

更新


埼玉の私立高サッカー部、外部コーチによる体罰は計10人 監督目撃も報告せず

 埼玉県越生町の私立武蔵越生高で、サッカー部外部コーチの30代男性(解雇)が部員に体罰をしていた問題で、男性が昨年10月以降、部員計10人に平手打ちなどの体罰をしていたことが19日、同校への取材で分かった。教員の50代男性監督は体罰を目撃していたが、学校や県に報告していなかった。

 同校によると、最初に体罰が発覚したのは12日。その後調査した結果、男性は昨年10月のコーチ就任以降、今月までに2年生と3年生の部員計10人の頭をたたいたり髪の毛をつかんだりしていた。けが人はなかった。

 男性は「練習中の指示に従わなかったのでやった」などと釈明したという。同校は17日、サッカー部の保護者会で校長が謝罪するとともに経緯を説明。今後、外部の専門家を招いて再発防止を図るとしている。

関連ニュース

「ライフ」のランキング