産経ニュース

【日本再発見 たびを楽しむ】ガルパンギャラリー(茨城県大洗町) 日常とアニメの世界が一体

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【日本再発見 たびを楽しむ】
ガルパンギャラリー(茨城県大洗町) 日常とアニメの世界が一体

ガルパンギャラリー (C)GIRLS und PANZER Film Projekt ガルパンギャラリー (C)GIRLS und PANZER Film Projekt

 関東屈指の海水浴場で有名な茨城県大洗町が、かつてない盛り上がりをみせている。

 5年前にテレビで放送され、その後劇場版も公開された人気アニメ「ガールズ&パンツァー」(通称ガルパン)がきっかけだ。作品に登場した大洗の町並みが“再現”されているとファンの間で話題になり、その世界観を楽しみたい人々が続々と同地を訪れるようになったのだ。

 6年前に発生した東日本大震災による被害や風評被害により一時は減少した観光客も“ガルパン効果”で増え続け、3万人まで落ち込んだ町最大のイベント「あんこう祭」も昨年は13万人と過去最高を記録した。

 町の人たちも観光客をもてなそうと、キャラクターや作品に登場する戦車のパネルを商店街店頭に設置したり、スタンプラリーやキャラクターの誕生会など手作りのイベントを開催。ガルパンの資料などが展示された「ガルパンギャラリー」にも連日多くのファンらが訪れ、いまでは町全体がガルパンの“テーマパーク”といった感じになっている。

 ガルパンギャラリーと特産物販売所「まいわい市場」は4月から仮店舗として大洗わくわく科学館の隣に移転したが、同ギャラリーの西村弓子館長は「劇場版公開から時間がたちましたが、いまだに多くのファンがギャラリーを訪れてくださり感謝しています。大洗に来るたびに私に会いに来てくれる、友達のような方も大勢いて、とても楽しいです」と笑顔を見せる。

 日常とアニメの世界が一体となった大洗で“異空間”を楽しんでみては。

「ライフ」のランキング