産経ニュース

【書評】詩人・和合亮一が読む『日本詩歌思出草』渡辺京二著 現代人への誘いが随所に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
詩人・和合亮一が読む『日本詩歌思出草』渡辺京二著 現代人への誘いが随所に

『日本詩歌思出草』渡辺京二著 『日本詩歌思出草』渡辺京二著

 良い詩は読み捨てることはできない。人生において何度も読み返したくなる。まずは青春時代の真ん中に、次には人生を経験した後にという具合に。本書を開き、何度も味わうことのできる詩を見つけ出す楽しさについて、あれこれと思いをめぐらせた。

 古事記の歌謡から始まっている。古代から中世、近代、明治文語詩、口語に移り行く大正から昭和の詩、現代の詩などへと視線は飛び石を渡る。「一人の生きる者として詩、というより詩として表れる世界の一面にずっと心ひかれて来て、それなしには今日までいきのびることも出来なかった気がする」と後書きで語っているが、それなくばという思いが良く伝わってきた。

 ヤマトタケルから始まり、近松門左衛門、薄田泣菫(すすきだきゅうきん)、伊良子清白(いらこせいはく)…、そして現代の伊藤比呂美など。文章を読み進めていくと、心の引き出しの中に、詩と向き合ってきた筆者の歳月が、愛着ある着物のようになって何十枚も折りたたまれている印象がある。取り出して広げてみれば、人生の季節の匂いがそれぞれにたちこめてくる。

続きを読む

「ライフ」のランキング