産経ニュース

川崎の幼稚園で園児2人相次ぎ死亡 感染症の疑いも原因特定できず

ライフ ライフ

記事詳細

更新


川崎の幼稚園で園児2人相次ぎ死亡 感染症の疑いも原因特定できず

大師幼稚園児2人が亡くなったことを受け会見する川崎市の坂元昇医務監(中央)ら=14日夜、川崎市役所(那須慎一撮影) 大師幼稚園児2人が亡くなったことを受け会見する川崎市の坂元昇医務監(中央)ら=14日夜、川崎市役所(那須慎一撮影)

 川崎市は14日、川崎区の私立幼稚園に通っていた同じクラスの男児と女児の計2人が、6日と12日に相次いで亡くなったと発表した。市は感染症による病死の疑いがあるとして原因を調査しているが、現段階でウイルスなどの特定には至っていないとし、国立感染症研究所にも調査を依頼した。

 園児が亡くなったのは、川崎区の私立大師幼稚園で、亡くなったのは女児(4)、男児(4)の2人。現時点で死因は不明という。

 6日に亡くなった女児は、4日に自宅で嘔吐(おうと)や胸の痛みを訴えたため医療機関を受診し、急性胃腸炎と診断を受けた。ただ、翌5日も発熱などがあり休園し、6日未明に症状が悪化。搬送先の市立川崎病院で亡くなった。

 12日に亡くなった男児は、同日朝に親が発熱を確認。午前11時ごろにけいれんを起こしたため救急搬送したが、正午過ぎに搬送先の市立川崎病院で亡くなった。

 市によると、2人が亡くなったことを受け、他の園児や親も医療機関を受診しているが、重い症状の事例は出ていないとしている。園は保護者に対し、子供が体調不良を訴えた場合に、速やかに医療機関を受診するよう呼びかけるとともに、13~18日まで自主休園の措置をとっている。

続きを読む

「ライフ」のランキング