産経ニュース

ガス噴き出す赤ちゃん星 国立天文台チームが観測

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ガス噴き出す赤ちゃん星 国立天文台チームが観測

アルマ望遠鏡が観測した巨大原始星では、星を取り巻く円盤状のガス物質(赤色)と宇宙空間に噴き出すガス(青色)の様子がとらえられた(国立天文台提供) アルマ望遠鏡が観測した巨大原始星では、星を取り巻く円盤状のガス物質(赤色)と宇宙空間に噴き出すガス(青色)の様子がとらえられた(国立天文台提供)

 誕生したばかりの星が勢いよくガスを噴き出しながら成長する様子を、南米チリにあるアルマ望遠鏡を使って観測したと国立天文台のチームが13日発表した。

 観測したのは、地球から1400光年離れたオリオン大星雲の中にある巨大原始星「オリオンKL電波源I」。周りを取り巻く円盤状のガス物質が回転しながら宇宙空間に押し出される様子をとらえた。遠心力に加えて磁場の力が働いているらしい。

 巨大原始星の誕生と成長のメカニズムはよく分かっていない点が多い。ガスの噴出は「アウトフロー」と呼ばれ、回転する様子がはっきりと観測できたのは初めて。チームはガス噴出と星の成長過程に深い関係があるのではないかとみている。

 アルマ望遠鏡はチリの高地に設置された巨大な電波望遠鏡。研究結果は英科学誌ネイチャーアストロノミーに発表した。

このニュースの写真

  • ガス噴き出す赤ちゃん星 国立天文台チームが観測

「ライフ」のランキング