産経ニュース

【教育動向】外国人児童生徒にどう対応すべきか

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
外国人児童生徒にどう対応すべきか

英語教育の充実など、グローバル化への対応が大きな課題となっています。しかしグローバル化とは、日本人が英語を使って海外で活躍することだけではありません。さまざまな国から日本に来る外国人が増えるということも、グローバル化のもう1つの面です。日本の子どもたちは、外国人にどう接したらよいのでしょうか。文部科学省が作成した「外国人の人権尊重に関する実践事例」から、グローバル教育に取り組んでいる学校の取り組みを紹介しながら、「もう1つのグローバル化」について考えてみたいと思います。

ポルトガル語など英語以外の言語が主流に

日本の公立学校に在籍する外国人児童生徒は、2015(平成27)年度で7万6,282人となっています。日本語指導を必要としている児童生徒は2014(平成26)年度で2万9,198人で、外国人児童生徒の約38%に当たります。日本語指導が必要な外国人児童生徒が在籍している公立小中学校は6,864校で、公立小中学校全体の22.7%に当たります。これらの数は近年、増加傾向にあり、国内の景気回復による人手不足などを背景にして、これからも増えていくことは間違いないと見られています。

日本語指導が必要な児童生徒の母語を見ると、最も多いのが「ポルトガル語」で、次いで「中国語」「フィリピン語」「スペイン語」「ベトナム語」などの順となっています。国内のグローバル化という面から見ると、「英語」は必ずしも主役とはいえないというわけです。もちろん英語は「世界共通語」という面がありますが、決して「グローバル化=英語」ではないということを理解しておくことも必要でしょう。

続きを読む

「ライフ」のランキング