産経ニュース

佐川が週休3日制 ヤマトなども検討 物流業界の人手不足深刻 待遇改善でドライバー確保へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


佐川が週休3日制 ヤマトなども検討 物流業界の人手不足深刻 待遇改善でドライバー確保へ

 宅配便大手の佐川急便は6日、正社員のトラックドライバーに週休3日制を導入したと発表した。ドライバーの安定的な確保につなげるほか、政府が進める働き方改革に対応した環境を整える狙いがある。物流業界は深刻な人手不足に陥っており、待遇改善や多様な働き方の採用は業界全体に広がりを見せている。

 最大手の佐川急便は4月から、東京都と山梨県で週休3日制の正社員の募集を開始。3日制では1日8時間の労働時間を延長できる「変形労働時間制」を活用し、1日の所定労働時間を10時間とする。給与は東京都の営業所に勤める場合、月給18万~26万円と週休2日制とほぼ同水準にした。

 3日制で働く正社員に限り、休日の兼業も認め、起業を目指す人や家業を手伝う必要がある人の採用も見込む。今後は効果を検証し、適用の範囲を他の地域や既存ドライバーに広げることも検討する。

 ヤマト運輸は19日の発送から宅配便の時間帯指定サービスを見直すなど労働環境の改善に取り組む。3日制も働き方改革の一環として視野に入れており、「労使で議論を積み重ねた上で、採用するかどうかを検討したい」としている。

続きを読む

「ライフ」のランキング