産経ニュース

出生率1・44に低下 出生数も過去最少の97万6979人 平成28年の人口動態統計 最も低いのが東京 高いのは沖縄

ライフ ライフ

記事詳細

更新


出生率1・44に低下 出生数も過去最少の97万6979人 平成28年の人口動態統計 最も低いのが東京 高いのは沖縄

 厚生労働省は2日、平成28年の人口動態統計(概数)を発表した。女性が生涯に産む子供の推定人数を示す合計特殊出生率は1・44で、前年を0・01ポイント下回り、2年ぶりのマイナスとなった。都道府県別では、前年と同様、最も低いのが東京の1・24、最も高いのは沖縄の1・95だった。

 厚労省は合計特殊出生率が下がった理由に関し「出生のピークとなる20代後半から30代前半の出生率が減った影響が大きい」としている。30~34歳の出生率は11年ぶりに減少したが、30代後半から40代後半の出生率は上昇した。

 出生数は前年比2万8698人減の97万6979人で過去最少。初の100万人割れとなった。40歳以上の出生数は増えたものの、39歳以下は減っており、今後、出産世代とされる15~49歳の女性人口の減少に伴い、出生数は減少傾向が進みそうだ。第1子出産時の母親の平均年齢は前年と同じ過去最高の30・7歳だったが、晩産化傾向は鈍化している。

 一方、死亡数は130万7765人(前年比1万7321人増)で戦後最多。死亡数から出生数を差し引いた人口の自然減は33万786人で、過去最大の減少幅となった。婚姻は62万523組と前年比1万4633組の減少で戦後最少。離婚は21万6805組で前年比9410組減った。

「ライフ」のランキング