産経ニュース

【編集者のおすすめ】『韓国人に生まれなくてよかった』武藤正敏著 隣国の行く末を案じる書 日本を襲う〝文在寅クライシス〟

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
『韓国人に生まれなくてよかった』武藤正敏著 隣国の行く末を案じる書 日本を襲う〝文在寅クライシス〟

『韓国人に生まれなくてよかった』 『韓国人に生まれなくてよかった』

 元駐韓大使によるこのタイトルは衝撃的である。この期に及んで「従北・反日」の大統領を選んだ韓国への著者の嘆きは、大きい。なぜ、韓国人は文在寅を選んだのか。

 著者はそこに「頭よりハートで考える」韓国人特有の気質を見る。

 熾烈(しれつ)な格差、過酷な競争社会のなかで報われない不満、その鬱憤がすさまじいエネルギーとなって、朴槿恵前大統領を弾劾に追いやり、文在寅大統領を誕生させたのだ。緊迫する東アジア情勢や具体的な経済政策など関係ない。そこにあるのは、単なる「怒り」と政権交代への衝動だけだったのである。

 外交官として12年間を韓国で過ごし、駐韓国大使を務め、韓国人の心情に寄り添ってきた著者は、彼らのいい面も熟知している。しかし、今回は「理性より感情で動く悪い面が出た」と悔やむ。

 格差の歪(ゆが)みに喘(あえ)ぐ韓国人たちはいま、仕事や結婚に対する希望を失い、老後の展望を描けないでいる。もし、この状況で文大統領のバラマキ政策が功を奏さないとしたら、「国民の不満は反日に転化する」に違いない。

 その際の対策も提言する。

続きを読む

「ライフ」のランキング