産経ニュース

【将棋】藤井聡太四段がデビュー後19連勝 歴代記録でも単独7位 竜王戦決勝トーナメント進出

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋】
藤井聡太四段がデビュー後19連勝 歴代記録でも単独7位 竜王戦決勝トーナメント進出

竜王戦6組決勝で近藤誠也五段に勝利した藤井聡太四段=25日午後、東京・千駄ケ谷の将棋会館(川口良介撮影) 竜王戦6組決勝で近藤誠也五段に勝利した藤井聡太四段=25日午後、東京・千駄ケ谷の将棋会館(川口良介撮影)

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が25日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われた竜王戦6組決勝で近藤誠也五段(20)に勝ち、自身の持つデビュー以来の公式戦連勝記録を「19」に更新した。全体の連勝記録でも歴代単独7位となった。

 藤井四段はこの勝利で、渡辺明竜王(33)への挑戦権を争う決勝トーナメント(本戦)に進出。11人で争う本戦で5連勝すれば挑戦者決定戦に進出する。

 対局相手の近藤五段はプロ入り2年目の昨年、王将戦の予選を勝ち抜いて挑戦者決定リーグに入った実績を持つ。しかし、藤井四段はこの日、自ら仕掛け、中盤以降は攻め続けて最後まで優勢に進め、押し切った。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロデビュー。12月のデビュー戦で現役最高齢の加藤一二三九段(77)を破って以来勝ち続け、4月4日にはデビュー後11連勝の新記録を達成。5月18日には記録を18に伸ばし、全体の連勝記録でも歴代7位タイを記録していた。

 公式戦最多連勝記録は「28」。次戦は6月2日、棋王戦予選トーナメント決勝で澤田真吾六段(25)と対戦する。

このニュースの写真

  • 藤井聡太四段がデビュー後19連勝 歴代記録でも単独7位 竜王戦決勝トーナメント進出
  • 藤井聡太四段がデビュー後19連勝 歴代記録でも単独7位 竜王戦決勝トーナメント進出
  • 藤井聡太四段がデビュー後19連勝 歴代記録でも単独7位 竜王戦決勝トーナメント進出
  • 藤井聡太四段がデビュー後19連勝 歴代記録でも単独7位 竜王戦決勝トーナメント進出

関連ニュース

「ライフ」のランキング