産経ニュース

もうグンマを知らないとは言わせない! 群馬県本のコーナー開設、郷土本貸し出し1・7倍に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


もうグンマを知らないとは言わせない! 群馬県本のコーナー開設、郷土本貸し出し1・7倍に

県立図書館は郷土関連本特別コーナーを開設=前橋市日吉町(橋爪一彦撮影) 県立図書館は郷土関連本特別コーナーを開設=前橋市日吉町(橋爪一彦撮影)

 群馬県立図書館(前橋市日吉町)が、「もうグンマを知らないとは言わせない! 『教えてぐんまちゃん』」と題し、郷土に関連した本や資料約1400点をそろえたコーナーを開設した。同県高崎市在住の井田ヒロトさんの人気漫画「お前はまだグンマを知らない」のヒットにあやかってか、県内書店も郷土本に力を入れ、本を通じて群馬を知ろうという動きが広がっている。(前橋支局 橋爪一彦)

 県立図書館では、書庫に収蔵する資料の有効活用の狙いもあって始めた、と説明。県内の歴史資料やNHK大河ドラマ「真田丸」などの関連書を始め、尾瀬などの写真集、県出身の詩人、萩原朔太郎や詩、絵で優れた作品を残し17歳で早世した山田かまちに関する資料やグルメガイド、料理本なども並ぶ。同図書館は漫画の貸し出しはしていないが、井田さんの「お前-」を特別に購入し、貸し出しも行う。

 担当する六本木真理さんは「群馬のことで意外に知られていないことを知ってもらえればうれしい。4月には郷土資料の貸し出しが前月比で1・7倍になった。もっと詳しく知りたければ司書が対応するので、声をかけて」と話す。また、先日、図書館の資料が刃物で切り取られる事件があったばかりだが、六本木さんは「貴重な資料を大切に扱ってほしい」と注意を促す。

続きを読む

「ライフ」のランキング