産経ニュース

「道の駅」のレストランを新国立競技場の設計者、隈研吾氏がデザイン 茨城県境町

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「道の駅」のレストランを新国立競技場の設計者、隈研吾氏がデザイン 茨城県境町

「道の駅さかい」の新レストラン模型を披露する建築家の隈研吾氏(左)と橋本正裕町長=22日、茨城県の境町役場(田中千裕撮影) 「道の駅さかい」の新レストラン模型を披露する建築家の隈研吾氏(左)と橋本正裕町長=22日、茨城県の境町役場(田中千裕撮影)

 茨城県境町は「道の駅さかい」の集客アップにつなげるレストラン建設について22日、デザインを担当する建築家、隈研吾氏とともに施設概要を発表した。国の「地方創生拠点整備交付金」事業で、総工費1億9800万円のうち町は一部を負担する。

 会見で橋本正裕町長は「すばらしいデザイン。観光面に加え、6次産業化の拠点として人の呼べる施設になる」と期待。7月に着工、完成は来年3月を見込んでいる。

 世界的な建築家として知られる隈氏は現在、建設が進められている2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の設計を手がける。同町のエコ素材を使った空き家リフォームなどが隈氏から評価され、今回の事業参加につながった。

 「道の駅さかい」の敷地に、延べ床380平方メートルの鉄骨2階建てのカフェ風レストランを建設。ガラス張りの開放的な雰囲気と壁面の杉材と茶の植栽で自然空間をイメージさせる。店内は「さしま茶」で染めあげた緑の布で覆われている。

 隈氏は「食のテーマを建築に反映させた。さしま茶の発進力を高めたい」などと語った。

このニュースの写真

  • 「道の駅」のレストランを新国立競技場の設計者、隈研吾氏がデザイン 茨城県境町

「ライフ」のランキング