産経ニュース

【熊木徹夫の人生相談】転職したい…仕事を転々としてきたので面接を受けるのがつらい…どうしたらいいのか

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【熊木徹夫の人生相談】
転職したい…仕事を転々としてきたので面接を受けるのがつらい…どうしたらいいのか

イラスト・千葉真 イラスト・千葉真

回答

 あなたのこれまでの経歴をおさらいしてみましょう。最初、美術に興味のある高校生だったわけですが、そこで適応できず中退されたところから、苦闘が始まります。中卒資格のまま、会社の事務をしながら、いわゆる“高認”合格されました。さらには短大進学したところ、会社でのリストラのあおりを受け、失職。働きながらも常に向上心をもって学びを進めていかれることは本当に立派なのですが、行く先に必ず逆境が待ち受ける構図です。女性にとり警備員も厳しい仕事でしょうが、現職の語学学校での業務は熾烈(しれつ)を極めています。同僚が次々リタイアするなか、殊勝にも1人だけ場を退かないあなたに対し、その処遇が全く容赦ない。これだと転職したくなるのも当然です。

 こうしてみると、あなたの労働内容は、〈やりたいこと→やるべきこと→やるしかないこと〉という順に押し流されてきており、これはまさに「主体性の剥奪」のプロセスといえましょう。諸事情あって転職を繰り返したにせよ、その職歴は“名誉の刻印”ではなく、むしろある種のスティグマとして拭い去り難いものとなっている。この状況では、いくら真面目に就職面接に挑んでも、いい条件を引き出すことは難しい。ここで重要なのは、あえて“万人受けを狙わない”ことです。若干の落ち度があってもいい。一点突破主義で、あなたの持てる情熱を何か1つのことに注ぎ込むべきです。

続きを読む

「ライフ」のランキング