産経ニュース

【書評倶楽部】コラムニスト・上原隆 『月の満ち欠け』佐藤正午著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評倶楽部】
コラムニスト・上原隆 『月の満ち欠け』佐藤正午著

『月の満ち欠け』佐藤正午著(岩波書店・1600円+税) 『月の満ち欠け』佐藤正午著(岩波書店・1600円+税)

 この小説の一番の魅力は緻密な構成にある。現在の不可解な会話から始まり、過去について、ひとつふたつと語られるたびに、現在が新たな様相を帯びてくる。人形の中から人形が出てくるマトリョーシカのようだ。

 瑞々(みずみず)しい恋愛の悲しみがある。喪失感に打ちのめされる男がいる。猜疑心(さいぎしん)に苦しめられる人生もある。そしてそれらを貫き、月の満ち欠けのように繰り返す、愛の引力がある。黛ジュンもデュポンも深い意味のあったことがわかってくる。

 〈ああ、面白かった〉と本を閉じた数時間後、あなたは自分の身近な人に思いをはせることになるだろう。(岩波書店・1600円+税)

                   ◇

【プロフィル】上原隆

 うえはら・たかし 昭和24年、横浜市出身。人生の断面を温かく描き出す独自のノンフィクション・コラムで知られる。

このニュースの写真

  • コラムニスト・上原隆 『月の満ち欠け』佐藤正午著

「ライフ」のランキング