産経ニュース

国内最古の全身人骨 2万7000年前、墓域初確認 沖縄・石垣島

ライフ ライフ

記事詳細

更新


国内最古の全身人骨 2万7000年前、墓域初確認 沖縄・石垣島

白保竿根田原洞穴遺跡で見つかった約2万7000年前のものとみられる人骨 (沖縄県立埋蔵文化財センター提供) 白保竿根田原洞穴遺跡で見つかった約2万7000年前のものとみられる人骨 (沖縄県立埋蔵文化財センター提供)

 石垣島(沖縄県石垣市)の「白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡」で見つかった旧石器時代の人骨が、全身骨格がほぼ残った人骨としては国内最古の約2万7000年前のものとみられることが分かった。同県立埋蔵文化財センター(西原町)が19日発表した。人為的に安置されていたとして、旧石器時代に人を葬る思想があったことをうかがわせ「墓域を国内で初めて確認した」と説明している。

 これまで最古とされていたのは、沖縄本島南部で発見された「港川人」の約2万2000年前。同センターの金城亀信所長は「日本の人類史に新たな一ページを刻むことができる重要な発見だ」と話した。

 少なくとも19体分以上の骨があることも分かり、旧石器時代の人骨発掘としては「世界最大級」という。全身人骨は高齢の成人男性とされ推定身長約165センチで「港川人」より10センチ程度高かったといい、虫歯のような痕もあった。

 同センターは、地中に埋葬せずに風化させる「風葬」が行われていた可能性に言及。生活の痕跡は見られず「死者を葬る場所と生活の場所が分かれていた」と指摘する。

 平成22年から本格的に始まった調査は28年に終了し、1000点以上の人骨片が発掘された。

「ライフ」のランキング