産経ニュース

埼玉の公園で捕獲された特定外来種の女王蜂 環境省で本州定着調査

ライフ ライフ

記事詳細

更新


埼玉の公園で捕獲された特定外来種の女王蜂 環境省で本州定着調査

冷凍保存されたセイヨウオオマルハナバチ=埼玉県自然学習センター(石井豊撮影) 冷凍保存されたセイヨウオオマルハナバチ=埼玉県自然学習センター(石井豊撮影)

 埼玉県北本市の北本自然観察公園で捕獲された特定外来生物のセイヨウオオマルハナバチの女王蜂について、環境省が野外での定着の可能性を調査するため、埼玉県自然学習センターに標本の提供を要請していたことが18日、分かった。定着が確認されると、本州以南では初めてとなるという。同センターは環境省側の準備が整い次第、女王蜂を提供する方針。

 同省外来生物対策室によると、トマトなどの受粉昆虫として用いられるセイヨウオオマルハナバチは北海道のように涼しい環境のヨーロッパ産で、国内では本州以南では定着が確認されていない。捕獲されたハチが女王蜂で越冬した個体であれば、野外に定着している可能性がある。このため同省は「定着が疑われる以上、解剖して確認したい」と同センターに協力を求めた。

 解剖するには保存状態が問題になるが、同センターは標本展示をするため、9日午後3時ごろに女王蜂を捕獲した後、マイナス20度以上で冷凍保存。良好な保存状態だった。

続きを読む

「ライフ」のランキング