産経ニュース

「通勤地獄から逃れたい」 時差出勤、テレワーク、指定席… 知恵絞る企業も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「通勤地獄から逃れたい」 時差出勤、テレワーク、指定席… 知恵絞る企業も

小田急線成城学園前駅の朝の通勤ラッシュ。混雑緩和が急務だ =東京都世田谷区(小田急電鉄提供) 小田急線成城学園前駅の朝の通勤ラッシュ。混雑緩和が急務だ =東京都世田谷区(小田急電鉄提供)

 また、西武鉄道と東京メトロは、3月末から所沢-飯田橋(東京都千代田区)、有楽町(同)、豊洲(江東区)駅間に、平日の早朝や帰宅時間帯に初の有料座席指定の相互直通列車「S-TRAIN」の運行を開始した。指定料金は大人510円で、1カ月前からの事前購入が可能。西武鉄道広報部の田口文雄さんは「仕事で疲れた自分へのご褒美として乗るという人もいるようだ」と話す。

 一方、京浜急行電鉄は今月1日から、横須賀方面と品川駅までをノンストップで結ぶ着席保証列車「モーニング・ウィング号」と「ウィング号」を、座席指定制に変更。券売機に並ぶことなくインターネットから切符を買えるサービスも導入した。「利用者の利便性向上に役立った」(広報担当)としている。

 本数を増やす

 抜本的な改革を実現させる取り組みもある。小田急電鉄は来年3月、東北沢-和泉多摩川の約10キロメートルの区間で、上下線の複々線化を完成させる予定だ。電車の本数を増やし、新聞や雑誌を楽な姿勢で読めるように乗車率を160%まで低減させることを目指す。

 一方、東京急行電鉄は、昨年5月から、横浜や吉祥寺、渋谷など乗降客の多い駅周辺で会員制サテライトオフィス「ニューワーク」を運営。場所や時間に関係なく仕事ができるインターネットなどの環境を確保することで、通勤電車の混雑緩和を狙う。

「ライフ」のランキング