産経ニュース

【話の肖像画】作詞家・演出家 奈良橋陽子(4) 朝ドラのヒロインを発掘

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
作詞家・演出家 奈良橋陽子(4) 朝ドラのヒロインを発掘

キャスティングにも才能を発揮する (寺河内美奈撮影) キャスティングにも才能を発揮する (寺河内美奈撮影)

 〈英会話教育や俳優養成の活動に加え、キャスティング・ディレクターの仕事も始める。平成18年製作の米映画「バベル」では、菊地凛子の起用が注目され、高い評価を得た〉

 菊地さんが挑んだのはろうあの人の役で、作品のキャスティングの中でも大きなポイントでした。彼女は早い段階から候補に残っていましたが、キャストに徹底的にこだわるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、俳優だけでなく、実際のろうあの方々と何人も会って、何度も比較して。そうしたいくつもの段階を踏んで、菊地さんは最終候補に残り、役を勝ち取ったんです。

 〈26年秋からのNHK連続テレビ小説「マッサン」でヒロインであるエリーを演じたシャーロット・ケイト・フォックスも発掘した〉

 早い段階で「米国人の女優さんを」というオファーがあって、何人かに絞った中にシャーロットがいました。彼女にはスカイプ(インターネット電話)で何回かインタビューしました。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング