産経ニュース

受動喫煙防止、飲食店に「分煙」「喫煙」表示義務を 自民政調会幹部、塩崎恭久厚労相に修正要求へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


受動喫煙防止、飲食店に「分煙」「喫煙」表示義務を 自民政調会幹部、塩崎恭久厚労相に修正要求へ

塩崎恭久厚労相(斎藤良雄撮影) 塩崎恭久厚労相(斎藤良雄撮影)

 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙の防止対策をめぐり、自民党政務調査会幹部は8日、規制推進派と慎重派の議員連盟幹部と東京都内で会合を開き、焦点となっている飲食店について「分煙」「喫煙」の表示義務を課すことで合意した。ただ、厚生労働省案は原則禁煙としており、党側は今後、塩崎恭久厚労相に修正を迫る考えだ。

 会合には茂木敏充政調会長、規制慎重派の党たばこ議連の野田毅会長、党受動喫煙防止議連の山東昭子会長らが出席。表示義務はたばこ議連がかねて主張してきたもので、推進派を押し切った形となった。このほか、受動喫煙の防止対策強化を盛り込んだ健康増進法改正案を、今国会で成立させることでも合意した。

 厚労省は「30平方メートル以下」のバーなどを規制対象外としているが、党内に反発は根強く、面積基準については今後、検討する。

「ライフ」のランキング