産経ニュース

【フード 食・旬】アシタバ メタボ予防でも注目

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【フード 食・旬】
アシタバ メタボ予防でも注目

旬を迎え、青々と茂るアシタバ=茨城県つくば市西岡の「かぎまさ農園」(酒巻俊介撮影) 旬を迎え、青々と茂るアシタバ=茨城県つくば市西岡の「かぎまさ農園」(酒巻俊介撮影)

 春先から初夏の風物詩として、静かに人気を集めている日本原産の野菜「アシタバ」。伊豆諸島や関東地方、九州などで自生、栽培されており、しゃきっとした食感と独特のほろ苦さが元気を与えてくれる。産地の一つ、茨城県つくば市の農園を訪ねた。(高橋天地)

強い生命力

 アシタバは海岸沿いの草原などに生えるセリ科の大型多年草。今日、葉を摘んでも明日には新芽が出る-との言い伝えもあるほど生命力が強く、「明日葉(あしたば)」の名の由来になったという。

 つくば市西岡の「かぎまさ農園」(岡野正美オーナー)の畑では、高さ30センチ前後に成長したアシタバが緑色の絨毯(じゅうたん)を作っていた。ピンと張った茎とつやのある葉が印象的だ。

 栽培を始めたのは平成元年ごろ。新たな野菜作りに挑もうと、岡野さんの母、光子さん(72)が旅先の伊豆大島(東京都大島町)で種を購入したのがきっかけだ。

 「肥料は落ち葉をかぶせた程度。化学肥料は使っていません。年々猛烈な勢いで増えましたよ」と光子さん。心がけたのは日陰に種をまくこと。アシタバは直射日光に弱いためだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • アシタバ メタボ予防でも注目
  • アシタバ メタボ予防でも注目

「ライフ」のランキング