産経ニュース

【マキャベリ流-是非に及ばず】NOBUNAGA(22)行動して後悔せよ。抜け殻でなく、魂かよう人間ならば

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【マキャベリ流-是非に及ばず】
NOBUNAGA(22)行動して後悔せよ。抜け殻でなく、魂かよう人間ならば

安土城跡で=滋賀県近江八幡市(関厚夫撮影) 安土城跡で=滋賀県近江八幡市(関厚夫撮影)

 不覚である。お師匠(マキャベリ)様(さん)と同様、筆者も「楽市楽座」は、織田信長のオリジナルだとばかり思っていたのだが…。

 《これらの市場や町(農村の市場や町、寺院の門前町、寺内町など)は、自由な商業取引を原則とし、販売座席(市座(いちざ))や市場税などを設けない楽市として存在するものが多かった。戦国大名は楽市令を出してこれらの楽市を保護したり、商品流通をさかんにするために、みずから楽市を新設したりした》

 山川出版社発行の高校生用教科書『詳説日本史(日本史B)』の記述なのだが、これが「楽市」の初出である。「戦国大名」とある。しかし信長の名はない。それよりなにより、この記述では、楽市は民衆の自由な商取引の過程で自然に誕生・発展していったもので、戦国大名は権力者としてそれを追認したり利用したりする役割しか果たしていないことなる。

 ちなみに楽市に関して信長が登場するのはそれから9ページ後。《安土城下町に楽市令を出して、商工業者に自由な営業活動を認めるなど、都市や商工業を重視する政策を強く打ち出していった》という記述とともに安土楽市令の読み下し文が掲載されている。

 これは研究者の間では戦前から知られていたらしいのだが、史上初の楽市令は天文18(1549)年。後に「反信長網」の中核をなす六角義賢(よしかた)(承禎(じょうてい))の父、定頼の時に領国・南近江の石寺新市に「紙商売」について《楽市を為(な)すの條、是非に及ぶべからず》と布告したこととされている。

 このとき、信長は16歳(数え)。『信長公記』によれば遊興にふけることなく、武芸や心身の鍛錬、兵法の習得に励む一方、だらしない風体と態度で町を練り歩き、「大うつ気(け)」と陰でささやかれはじめたころだった。

続きを読む

「ライフ」のランキング