産経ニュース

【将棋】森内俊之九段、清水市代女流六段ら7人 日本将棋連盟理事選で内定

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋】
森内俊之九段、清水市代女流六段ら7人 日本将棋連盟理事選で内定

佐藤康光九段(左)、清水市代女流六段 佐藤康光九段(左)、清水市代女流六段

 日本将棋連盟の理事予備選挙が27日行われ、佐藤康光会長をはじめ、森内俊之九段、将棋界初の女性常勤理事候補の清水市代女流六段ら7人の当選が内定した。5月29日の通常総会で正式に決まる。

 森内九段は十八世名人の資格を持つが、前期順位戦で最上位のA級から初の降級となり、「自分の生き方は自分で決める」と、永世名人有資格者ゆえの決断で3月末、順位戦は指さないフリークラスに転出。今後は運営面に携わりながら「名人以外のタイトルを目指す」と話した。

 清水女流六段は「これまでとは違う立場で新たな可能性が広がることをうれしく思う半面、身の引き締まる思い」とのコメントを発表、女流棋士の視点から運営に新風を吹き込む。

 他の理事内定者は次の通り。森下卓九段▽鈴木大介九段=以上東京▽井上慶太九段▽脇謙二八段=以上関西。

「ライフ」のランキング