産経ニュース

【将棋】羽生に勝った!14歳の中学生棋士・藤井四段、公式戦13連勝の実力証明

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋】
羽生に勝った!14歳の中学生棋士・藤井四段、公式戦13連勝の実力証明

インターネットテレビの番組で対局した藤井聡太四段(左)と羽生善治3冠=東京都内のスタジオ(日本将棋連盟提供) インターネットテレビの番組で対局した藤井聡太四段(左)と羽生善治3冠=東京都内のスタジオ(日本将棋連盟提供)

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が、23日放送のインターネット配信番組「AbemaTV(ティーヴィー)」が企画した非公式戦で、羽生善治3冠(46)に勝利した。昨年12月のプロデビュー戦以来、公式戦は無敗で13連勝中の中学3年生。将棋界を牽引してきた第一人者を破り、その実力を改めて証明した。(サンケイスポーツ)

 快進撃を続けるスーパー中学生が、ついに将棋界のスーパースターも倒した。羽生3冠との対局はインターネットテレビの企画で、藤井四段が一流棋士7人と対局する「炎の七番勝負」の最終第7局で実現。両者は3月26日に別のインターネット企画で対戦。羽生3冠が勝利したが、今回の対局の収録が2月18日と先で、“初対局”を制したのは藤井四段だ。

 「羽生先生の将棋を見てここまで来た。緊張もありました」と藤井四段。先手番ながら、相手の手も受ける大人びた対局を見せ、終盤羽生3冠に追い上げられたものの、111手で冷静に勝ちきった。

続きを読む

「ライフ」のランキング