産経ニュース

【今週の人気記事】森喜朗元首相が『遺書』 一度は宙に浮いた出版話 「文藝春秋も度量が狭いね」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【今週の人気記事】
森喜朗元首相が『遺書』 一度は宙に浮いた出版話 「文藝春秋も度量が狭いね」

『遺書』を手にする森喜朗・東京五輪・パラリンピック組織委員会会長=東京・虎ノ門の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委(酒巻俊介撮影) 『遺書』を手にする森喜朗・東京五輪・パラリンピック組織委員会会長=東京・虎ノ門の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委(酒巻俊介撮影)

 元首相で2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗氏(79)が手記を出した。タイトルは『遺書』。肺がんと闘いながら、平成32年夏の東京五輪に向け、陣頭指揮を執る森氏が、JOC(日本オリンピック委員会)や小池百合子東京都知事らとの確執を赤裸々に明かした。

 『遺書』では、平成26年1月に組織委会長就任以来の苦労話を分かりやすい語り口で紹介。JOCとの確執も詳しく明かした。

 石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、小池百合子の歴代4知事とのやりとりも述懐。猪瀬、小池両氏に対しては辛辣で「私は今、2つの死の恐怖と闘っているようなものです。一つはがんであり、一つは小池知事の刃です」と記している。

 国立競技場建て替え問題や五輪会場見直し問題などの内幕も暴露。ラグビーW杯招致や、文藝春秋とのトラブルなど多数の秘話が満載されている。

 「遺書東京五輪への覚悟」(幻冬舎、1500円+税)は21日に発売。その直前の独占インタビューをお届けする。

    

 肺がんが進行してね。医者からも「もうあきらめて下さい」と言われてたんですよ。昨年2月頃は髪も抜けてユル・ブリンナーそのものですよ。酸素ボンベがないと3歩歩くだけでハアハアと息が続かない。

 そこで「五輪事業というのが、いかに大変なものかを後世に伝えねば」と思ったんだ。後で「あいつ何してたんだ」と言われるのも嫌だしね。ありのままを書いておかなきゃいかんと。だから当初のタイトルは「遺言」だったんですよ。

   × × ×

 五輪っていうのは誰もが知っているが、実は誰も分かっていないんだな。

続きを読む

このニュースの写真

  • 森喜朗元首相が『遺書』 一度は宙に浮いた出版話 「文藝春秋も度量が狭いね」
  • 森喜朗元首相が『遺書』 一度は宙に浮いた出版話 「文藝春秋も度量が狭いね」
  • 森喜朗元首相が『遺書』 一度は宙に浮いた出版話 「文藝春秋も度量が狭いね」
  • 森喜朗元首相が『遺書』 一度は宙に浮いた出版話 「文藝春秋も度量が狭いね」

「ライフ」のランキング