産経ニュース

道の駅、新たに8道府県10施設 復興に向け福島県飯舘村「までい館」、村で栽培した花や住民の生活必需品を販売

ライフ ライフ

記事詳細

更新


道の駅、新たに8道府県10施設 復興に向け福島県飯舘村「までい館」、村で栽培した花や住民の生活必需品を販売

 国土交通省は21日、新たな道の駅として、福島県飯舘村の「いいたて村の道の駅までい館」など8道府県の10施設を登録した。平成30年度に開業予定の岐阜県大野町の「パレットピアおおの」を除いて、29年度中にオープンする見通し。登録総数は1117となる。

 飯舘村の「までい館」は8月に開業予定。東京電力福島第1原発事故の避難指示が解除された村の復興に向け、村で栽培した花や住民の生活必需品を販売する。大野町の「パレットピアおおの」は、町特産の柿やバラなどの直売所を設ける。

 道の駅は、市町村や第三セクターが設置する無料の休憩施設。駐車場やトイレを備え、観光情報なども提供する。

「ライフ」のランキング