産経ニュース

【ニッポンの議論】PTAはやめていい? 大塚玲子氏「PTAに嫌なイメージ 別組織を作るべき」 寺本充氏「地域に必要、きちんと伝えることが大事」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ニッポンの議論】
PTAはやめていい? 大塚玲子氏「PTAに嫌なイメージ 別組織を作るべき」 寺本充氏「地域に必要、きちんと伝えることが大事」

大塚玲子氏 大塚玲子氏

 「何のためにやっているのかが重要では。たとえば、みんなで資源回収をして観劇会をするとか、目に見えて分かることはいい。でも、分かりにくい活動もある。そこは説明するしかない。保護者だけで子供を安心安全に育てきることは難しいし、教職員にもできないことがある。地域の誰かがやらなきゃいけない。その誰かは自分なのだと自覚して、全部はできなくても、やれる人が少しずつ力を合わせる。社会教育の目標である相互扶助をPTAは具現化できる」

 --仕事の比重が専業主婦など特定の人に偏ることも問題では

 「昼は無理だけど夜なら出られる、土日ならいいよ、在宅だったらできるよと、やれることがあるはず。小さな善意を足して集めていけば活動はできる。どうやったらできるか考えながら変えていく。やはり楽しくないと続かないから、参加者が楽しくやれるための手法を考えること」

 --加入が自由なら活動が成り立たなくなる心配は

 「きちんとお伝えすれば大丈夫。PTAはこういうことを考えてこういうことをしていると、正しく説明すれば問題は起きないし、意見やアイデアも出てくる。分かってくれた人は、また別の人に伝えてくれる。親は地域の活動、学校の活動に協力したい気持ちでいるはずなので、少しずつ雰囲気も変わっていくはず。しっかりした理念と方針が根付けば、校長が変わろうが会長が変わろうが、学校の当たり前になる。いい当たり前をつくればいい」

続きを読む

このニュースの写真

  • PTAはやめていい? 大塚玲子氏「PTAに嫌なイメージ 別組織を作るべき」 寺本充氏「地域に必要、きちんと伝えることが大事」

「ライフ」のランキング