産経ニュース

赤瀬川原平さんの仕事場から見えたもの 「椿会展2017-初心-」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


赤瀬川原平さんの仕事場から見えたもの 「椿会展2017-初心-」

 「椿会展2017-初心-」(畠山直哉撮影)  「椿会展2017-初心-」(畠山直哉撮影)

 そばで見て、わかったことがあるという。「赤瀬川さんはアートとか表現とか歴史とかを超えたところにある、何か大きな秘密に関する課題を、僕たちに残してくれているんじゃないか」。特に気になるのは「老人」の位置付け。「若者は老人を、いつも一定の種族のように見ますけど、常に新しい老人が時代時代で生まれている。老人としてのニューアカデミズムとか、バブル老人とか…僕もそろそろ新しい老人像を考える時期にきている」

 第7次メンバー最後の展覧会「椿会展2017-初心-」が同ギャラリーで5月28日まで開かれている。畠山さんの写真を背景に、赤瀬川さんの作品や愛用した道具も展示されている。月曜休。(黒沢綾子)

「ライフ」のランキング