産経ニュース

【就活リサーチ】企業は苦戦濃厚、長期戦も覚悟か

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【就活リサーチ】
企業は苦戦濃厚、長期戦も覚悟か

 3月1日の採用広報解禁から約1カ月半がたち、6月の選考解禁までのちょうど折り返し。当社が企業に対し採用戦線序盤の感触を調査したところ、多くの企業が苦戦を強いられている様子が明らかになりました。

 ここまでの採用活動について、「苦戦している」と回答した企業が約4割(42・7%)で、「順調」(19・9%)の約2倍に上りました。

 「エントリー受付数が昨年の7割程度に落ち込んでいる」(メーカー)、「3月の1週目は順調にエントリーが増えていたが、その後は伸び悩んでおり、会社説明会動員数ともに大幅に落ちている」(流通)、「学生が早期から業界や企業を絞り込む傾向があり、思うようにエントリーが増えない」(商社)など、採用現場からの苦しい声も多数寄せられました。

 そのような環境の中で、少しでも自社の採用を優位に進めようと、企業が活動を早めているのも今年の特徴です。日程ルールは前年と同じにもかかわらず、面接開始時期を早めた企業は約4割にも上ります。面接開始予定時期は、4月が最も多く(36・3%)、選考解禁月である6月開始(13・0%)を大きく上回っています。すでに半数以上の企業が、面接を開始しているのです。

続きを読む

「ライフ」のランキング