産経ニュース

【渡部昇一氏死去】戦後の言論空間に風穴、勇気ある知の巨人

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【渡部昇一氏死去】
戦後の言論空間に風穴、勇気ある知の巨人

渡部昇一氏 渡部昇一氏

 産経新聞正論メンバーで論壇の重鎮として活躍した渡部昇一さんが17日、86歳で亡くなった。

 人権教や平等教といった“宗教”に支配されていた戦後日本の言論空間に、あっけらかんと風穴を開けた真に勇気ある言論人だった。いまでこそ渡部さんの言論は多くの日本人に共感を与えているが、かつて左翼・リベラル陣営がメディアを支配していた時代、ここにはとても書けないような罵詈(ばり)雑言を浴びた。渡部さんは、反論の価値がないと判断すれば平然と受け流し、その価値あると判断すれば堂々と論陣を張った。

 もっとも有名な“事件”は「神聖喜劇」で知られる作家、大西巨人さんとの論争だろう。週刊誌で、自分の遺伝子が原因で遺伝子疾患を持った子供が生まれる可能性のあることを知る者は、子供をつくるのをあきらめるべきではないか、という趣旨のコラムを書いた渡部さんは「ナチスの優生思想」の持ち主という侮辱的な罵声を浴びた。

 批判者は《「既に」生まれた生命は神の意志であり、その生命の尊さは、常人と変わらない、というのが私の生命観である》と渡部さんが同じコラムの中で書いているにもかかわらず、その部分を完全に無視して世論をあおったのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 戦後の言論空間に風穴、勇気ある知の巨人
  • 戦後の言論空間に風穴、勇気ある知の巨人
  • 戦後の言論空間に風穴、勇気ある知の巨人

「ライフ」のランキング